キーワードから検索

居宅介護支援事業所 メイプルかりぷ

「住みなれた街で安心して暮らしたい」「おたがいさま、おかげさま」


 

そんな高齢者の願いに応える「かりぷ」のケアセンターを平成17年もみじ台に開設いたしました。


当事業所は同一建物内に併設しております。


厚別区(もみじ台地区)を中心に地域の介護相談の窓口となり介護を必要とする方と共に在宅生活、介護支援を考え具体的なサービス提案と調整を行います。

 

当事業所は、厚生労働省の基準に基づき「特定事業所加算Ⅱ」を算定しています。


介護のお困りごとについて、電話やご自宅訪問で相談に応じます。


介護支援専門員が要介護認定の代行申請を行います。


利用者のご要望や心身の状態を確認し、要介護度に応じたケアプラン作成などの支援を行います。

特徴

★原稿ご入稿待ち(未入稿・不要な場合は非表示)

 

 

主な支援内容

  • 介護のお困りごとについて、電話やご自宅訪問で相談に応じます。

  • 介護支援専門員が要介護認定の代行申請を行います。

  • 利用者のご要望や心身の状態を確認し、要介護度に応じたケアプラン作成などの支援を行います。

 

  • ※ 厚生労働省の基準に基づき「特定事業所加算Ⅱ」を算定しています。

  • お一人(ご家族)だけで悩まずに、まずはご相談ください。


利用のながれ

  • 生活上で自分では(例えば家事や入浴、寝起き、薬など健康管理)困難になってきた
  •  区役所へ介護保険認定手続き(申請)
  • 認定調査員が自宅へ聞き取り調査
  • 認定調査後の審査(区役所の関係者での審査)
  • 要介護認定結果の通知が手元へ届く
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)へ相談
  • ケアマネジャーが自宅訪問(お困りごと)相談にのる
  • 必要な支援(介護サービス)を検討、調整
  • 介護サービス担当者と自宅で打ち合わせ
  • 介護サービス利用開始

 

※ 区役所へ介護保険手続きが困難な場合は申請手続代行から相談、協力いたします。

利用料金

要介護認定を受けられた方は、法定代理受領(保険者と事業所間での代理手続き)サービスとなり、その費用は介護保険から全額が給付(事業所への報酬支払)されるため、介護支援専門員(ケアマネジャー)が電話や自宅訪問・相談に際する直接の利用料金はいただきません。

 

※ 要介護認定未申請、介護保険利用されていない方でも電話相談に関する相談料金はいただきませんので、まずはご相談ください。(通話に係る費用は自己負担になります)

よくあるご質問

  • 入院して入院中に介護保険を申請して結果がでたのですが、どうすれば良いのですか?
  • (考え方)退院後に自宅へ帰りどのような事が困るのか、どのように生活をしていきたいのかを考える必要があります。

    (流れ)退院前(状況によっては退院後)に病院(自宅)へケアマネジャーが伺い、利用される方(介護されているご家族)の状況や希望、要望等を聞きながら必要な支援について介護保険内外サービス利用を踏まえて在宅生活を一緒に検討し具体的なサービス調整をしていきます。
  • 骨折治療後や病気で入院して自宅での一人でお風呂に入ること大変になった。一人では転ぶ心配があり不安。どうしたらよいのだろうか?
  • (考え方)どのような入浴方法が適切なのかを一緒に検討し具体的なサービス調整をしていきます。

    (例えば)少しでも自分での入浴動作を自立したものになるようにリハビリにより動きの改善をはかる事が必要なのか。自宅の浴室環境の整備をはかる事が必要なのか。自宅内で一人での入浴が身体・環境・介護面で困難な状況をどうしたら良いのかを考えます。

    • 具体的な支援方法例としては、通所介護・通所リハビリなど通所系サービス、訪問介護や訪問リハビリなど訪問系介護サービス、場合によっては入浴に関する福祉用具の購入(椅子、足台)や住宅改修(手すり)などがあります。
    • 利用される方(介護されているご家族)の状況や希望、要望等を聞きながらご提案させていただきます。(その方の状況によりサービスの組み合わせは変わってきます)
  • 親(配偶者)の物忘れや今までと違う行動で変化がある。認知症の診断がついた。現在が大変、今後も心配で、どうしたらよいのか?
  • まずは専門病院の受診をお勧めしますが、併せて認知症に伴う行動の変化(周辺症状)に対して、どのような方法が適切なのかを一緒に検討し具体的なサービス調整をしていきます。
    認知症の症状は個人差があります。また、人によっては自宅へ(ケアマネジャーに)相談に来てほしくないと言う方もいるかもしれません。その場合は、事前にご家族とも打ち合わせをさせていただき訪問や相談方法を考えて、ご本人の心理的な負担も考慮するところから関わらせてもらいます。その上で一緒に検討し具体的なサービス調整をしていきます。
  • 介護保険の介護サービス利用を考えたいけど、生活も大変で利用料が払えるか心配です。どうにかなりませんか。
  • サービス利用費を踏まえた相談にのります。利用する介護サービス量、社会福祉法人の事業所を利用する場合で所得など条件によって利用料減免の制度が適応される可能性があります。

 

また、生活保護を受給されている方は介護保険適応内の利用料については「介護扶助」に該当し生活保護費から支給されるので直接利用料のお支払はなく支援を受けることができます。

施設概要

施設名

居宅介護支援事業所 メイプルかりぷ

住所

〒004-0013 札幌市厚別区もみじ台西3丁目1-8

アクセス

連絡先TEL:011-899-7722(直通)代表TEL:011-899-7711 FAX:011-899-7700
事業内容介護予防支援・居宅介護支援
営業日月~金曜日 (12/30~1/3及び土日祝日は休み)
営業時間8:30 ~ 17:30
事業実施地域

札幌市、江別市、北広島市

事業所番号0170503619


★8/28分 ワード文章(上記:施設概要の事業実施地域の部分)

 

1.事業所の実施地域居宅メイプル重要事項説明では

 

  • ●通常の事業の実施地域  ⇒  札幌市、江別市、北広島市 となっています
  •         ↓
  • ホームページ文章は以下になっています。
  • ●札幌市厚別区、清田区の一部(平岡公園地域)、江別市の一部(大麻、文京台地域)、
  • 北広島市の一部(虹ヶ丘、西の里地域)
  • ※重要事項に合わせるべきか、重要事項を変更すべきか(悩)です。

お問い合わせ

お問い合わせ
TEL:011-899-7711FAX:011-899-7700