キーワードから検索

基本理念・かりぷの宣言

基本理念

私たちは、高齢者の立場に立ち、高齢者の人権を守り、その人格と人生の全面的な発達成熟をともに追求します。

 

私たちは、高齢者と家族の多面的な要求と選択に応えるための幅広い機能を備えた総合的重層的な都市型高齢者福祉事業の実現をめざします。

 

私たちは、介護実践を通じて高齢者の生涯に学び、自らを変革し、専門職としての倫理観をそなえた民主的職員集団として成長します。

 

私たちは、ふだんに社会科学の理論と実践の成果に立脚し、たゆみなく高齢者福祉の内容と水準の充実向上につとめます。

 

私たちは、国と自治体の責任で、いつでも、どこでも、誰もが安心して、しかも自由に選択できる、体系化した高齢者福祉の制度と施設の確立をめざし、医療との連携はもとより平和で豊かな社会をめざす多くの団体や人々と連帯して運動を広げてゆきます。




かりぷの宣言

「設立への思いを受け止めて」

  • かりぷ・あつべつは地域の皆さんの熱い思いで設立されたことを、しっかりと受け止めて、これからもともに発展させていきます。

「その人らしさを大切に」

  • 障害があっても、認知症になっても、遠慮しないで暮らせる地域社会と施設をめざします。
  • ひとり一人の人権を尊重し、その人らしく自由にいきいきと暮らせる施設をめざします。
  • その人の生きてきた時代と人生から学び、共感する姿勢を大切にします。
  • 介護する人、される人ではなく、ともに生活をつくりあげます。
  • 安全・安心できるケアで信頼と笑顔あふれる施設になります。
  • 人間観、高齢者観を学び、科学的なケアを追求します。

「明るい職場づくり」

  • みんなで話し合い、みんなで実行する職場をつくります。
  • 自分の意見を持ち、仲間を尊重し、チームケアを追求します。
  • 技術の向上をめざし、ともに学びあい、育ちあいます。
  • いきいき・わくわく・のびのびと働ける職場環境づくりをめざします。

「憲法を守る」

  • 憲法の精神を大切に、平和と人権をまもる為に努力します。

「社会保障の充実をめざして」

  • 住み慣れた街で、年をとっても、安心して生活できる社会保障の充実に努力します。
  • お金のあるなしで差別されない社会保障制度をつくる為に頑張ります。

「地域の中へ」

  • 1つ1つのつながりを大切に地域に開かれ、とけこんだ施設づくりをめざします。
  • 地域の人々と、ともに考え、安心して暮らせる街づくりの輪をひろげます。





「かりぷの宣言」は、職員全体の発議と議論を経て作成され、その立場での実践を追求しています。